今回の争点は辺野古移転問題なのか。辺野古移転は、過去問題に思える
アメリカとの国家間の契約になる。破棄は日本政府でも出来ない。両政府の了承なしには無理です。
ましてや沖縄県知事だったら尚更です。

あと沖縄県の民意が判らない。地元の市長選では推進派が当選している。
地元は辺野古移転は了承している。

アメリカ軍基地が有った横浜市民として語ります。前に書いたと思うがもう一度書きます。
アメリカ軍が必要なくなったら返還は有ります。また代替えの場所を提供すれば移転します。

沖縄は地政学的にアメリカ軍は必要だと思っている。普天間移転先は代替えの土地として辺野古だったら良いと考えた。
 辺野古土地は、新しい土地を収奪するものでは無い。漁業権を購入し新たにに海を埋め立て土地を作る。支払いが終わっており、すでに国の管轄する場所になっている。法律的にも許可を取って行っている。

辺野古移転で沖縄に帰って来る土地は辺野古基地よりも広い。普天間基地と他にも土地の返還が有る。普天間の基地の危険性は知っているはず。住宅地の中心にあり、墜落事件、飛行機の部品落下など。

海兵隊は辺野古の基地に閉じ込め、犯罪が起きないように注意すればよい。

多くの土地が返還されるので、沖縄県にとって良い取引だと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の代わりに中国の管轄下に入れば良いとでも思っているのでしょうか?

中国の支配下にある、チベットやウイグルの人達がどんな目にあっているのか知ってほしい。
チベット人やウイグルは、数多く虐殺され反抗した者は政治犯として捉えられる。
中国人は他民族に対し残虐です。昔から変わっていない。

中国は地政学的に太平洋に容易に進出出来るように望んでいる。沖縄の場所が欲しくて、人は必要としていない。占領されたら蒙古の二の舞。彼らの獰猛な性格は変わっていない。

アメリカは沖縄を失えば台湾フィリンピンと韓国を失う。
中国は東シナ海と南シナ海を得て我が物顔に日本を襲ってくる。

沖縄県民も無事ではいられない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去の歴史を読む

刀伊の入寇
対馬と壱岐に侵入。人を殺し火をつけた。
彼らは人食の習慣があった。特に子供・女がおいしいと捉えた。
手に穴をあけ綱で帆に、しばりつけた。乾燥させ食にする為だ。

この時は日本の武士が戦い、刀伊の力を削いだ。
それを見た朝鮮、当時高麗で有った。刀伊の力が強く鎮圧できなかったが日本でやっつけられたので、残存勢力を鎮圧出来た。

しかし刀伊の国はすでに滅亡していて、本当は半島の海賊集団
半島系の人間と歴史書に書くと、今の政府に差しさわりが有るので刀伊の入寇にした。

今もどこかに人食いの習慣が残っているのだろうか。動乱の時に、それが現れれる。中国にも人食いの習慣が有った。

中国の小説「水滸伝」あの中に、旅人を殺し肉まんの中に入れた食堂の話しが有った。

中国・半島は人の命が軽い。今も変わらない。チベット・ ウイグル