半世紀まえ日大生だった、おじさん達のつぶやき

50年前の全共闘運動の事を知っている方の意見募集をしていましたが、日大の体質改善要求になっている。アメフトの憤りが大きいので、改善要求をプラスしブログを更新します。2018_07~

日大本部への見学散歩ツアー参加を呼び掛けています。


追い詰められたか?
自分を死に追いやる。相当根深い。
何時まで続くのか。
日大は隠し切れない



毎日新聞より
池江璃花子 AO入試で日大合格
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の水泳界のオリンピック金メダル候補
水泳は今までのコーチが担当との事

日大のコーチより池江選手のほうが実績はあるでしょう。
力の無い者が力の有る人を教えるのは難しい。
今まで教えていたコーチの元で練習すれば、最初からではないので欠点や長所を把握されているので、やりやすいのでは。

日大に取って朗報になる。

大学当局が、潰さないように願っていたが元のコーチが付いていれば安心です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記 2019年3月
急性白血病の告白
つらいでしょうけど、何もしてあげれない。
 自分が事故を起こし生死をさまよった時を考えると、自分の生命力を信じるしかない。
病気は医者を信じて直してもらう。

自分に取って一番辛かったのは、退院してからのリハビリでした。
寝ていた為歩く事もわすれ、片方の足が麻痺していた。片足を前に出し、もう片方の足を出しと確認しながら歩いていた。
意識しないと歩けなかった。きっと赤ん坊も、最初に歩く時イッチ二と歩くのでは、そのうち意識しないで当たり前に歩き、それが普通になっていく。
 麻痺は歩く距離で治っていった。運動で神経を取り戻していく。人間が本来持っている力が、自分を助けてくれる。

足の筋力の衰えが一番早い。寝ていると、歩けなくなる。その辛さは自分に向けられて悔しい事も経験する。でも頑張って欲しい。

リンク 毎日新聞 日大アメフト


日大アメフトの宮川選手が練習に復帰

日大アメフト部の改革の推移を見たい。

リンク2018年9月29日 日刊スポーツ

謝罪文 文章だけなの?
今後の行動を見続けなければいけない

日大広報リンク 日大

劇中歌を歌っていた渚ようこ様が心不全で亡くなる

連合赤軍の映画が作成されたのは知っていたが、渚ようこ様の名前は知らなった。
生誕は不明なので、年齢不詳
同年代を生きた方なのか良く判らない。

リーダーが悪く仲間内で殺し合いになった。
指導力ゼロですね、リーダーの肩書だけが欲しかったのか。

今、日本では運動部内で暴力がはびこっている。日本人の組織は、すぐ虐めに発展するのか。

そういえば貴乃花の引退の話しが有った。遠目で見ると「いじめ」としか思えない。
日本の組織は、小学校から会社まで「いじめ」体質が内包されている。

↑このページのトップヘ