半世紀まえ日大生だった、おじさん達のつぶやき

50年前の全共闘運動の事を知っている方の意見募集をしていましたが、日大の体質改善要求になっている。アメフトの憤りが大きいので、改善要求をプラスしブログを更新します。2018_07~

日大本部への見学散歩ツアー参加を呼び掛けています。

全理事の辞職求める

AERAdot.より AERA dot.

https://dot.asahi.com/dot/2018080300067.html?page=1

組織として、部下の責任はすべてトップが責任を取らねばならない。

軍艦プリンスオブウェールズの艦長が、艦と運命を共にする
有名な話です。艦長と一緒に沈む艦と運命を共にした、フリップス大将が退艦せずに言った言葉「ノーサンキュー」

トップの責任はこれほど重い。自分には関係ないでは、済まされない。

韓国のセウォル号事件、艦内放送でその場にとどまっての放送後、艦長は真っ先に逃げてしまった。
日大の田中理事長は、どうやらセウォル号の船長の取った行動を模範としているようだ。

それとも艦にとどまって日大が落ちていくのを共有するのか、いずれにしても先が見えない。
早く退陣し、その後は日大の第三者による改革をする。敵対する派閥に任せたら、結果は同じになる。

日大 田中理事長
アメフトの事件について謝罪
しかし本人の辞任については言及なし。

日大ホームページ 日大HP リンク



     2018年8月3日

日本オリンピック委員会 リンク 日本オリンピック委員会

マスコミに書かれると、身を翻す。
大きく叩かれる前に、対処の動きが早い・軽い。
すばらしい!

退任時の身の処し方も、時期をみているのか?

マスコミに負けたと思われるのは心外で,罵倒された儘では終われない。
ひっそりと名誉退職が望ましい・・・・思惑が有るのかも

日大本部見学ツアー(2)の続き

IMG_20180730_114334


すこしあと、今度は大型の黒塗りでやっぱり窓にスモークを張った乗用車が入ってきました。
顔を覗き込むとヤクザのように人相の悪い男でした。
日大関係者はみんなヤクザのように人相が悪いな、なんて言いながら、写真を撮ったり談笑して歩道にたむろしていました。
昼間前の時間帯しばらくウロウロした後、市ヶ谷駅の2階の喫茶店でランチしました。

事務所に帰ってから夕方のニュースで日大で理事会が開かれ内田、の職員の解雇と、田中英寿理事長は会見をやらず、8月にホームページで何らかの見解を言う。ということになったとの報道が流れました。
まさに我々OBたちは、本部理事会開催の直前の模様を目撃したみたいです。
この日、報道は一人もいなかったけれど、現場には必ず何か動きがあるみたいです。
これからもOBとしてできる限り、日大をウロウロして監視、観察していきたいと思います。
まあ、「路上日大観察学会」ってところかな。
日本大学前の路上をウロウロするOBの人数が増えたら、田中やめろ!のデモに発展するかもね。
次の「日大ウオッチツアー」の日程が決まりましたら、またここで連絡します。ぜひ参加しましょう。

  経済OB   神田(仮) 2018年7月30日:投稿

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記 三毛猫 

<注意>:
あくまでも散歩コースの一つの建物です。大声を出し・デモをやったり、プラカードを出したりしないでください。20世紀の遺物の見学ですから。

2018年7月30日の経済OBによる日大本部、校友会館ツアーに参加してきました。その(2)です。
市ヶ谷駅東側の日本大学本部の巨大な建物に圧倒されつつ、本部前をOBたちとともにウロウロとしました。
奥にいた警備員さんが、我々の方に飛んできて、監視を始めました。
今日は何かあるのかな?
しばらく観察していると左奥の駐車場から出てきた人が玄関に入っていきました。
よく見るとあのテレビで有名な日大広報の例の「日大ブランドは落ちません」のおじさんのようです。
警備員さんにただすと、「うん」と言っていました。
これを仲間に言ったったところ嘘だろ?という事で再度警備員さんに尋ねるとさっきとは打って変わった対応で、「そういうことは喋れません!」という対応でした。
彼は最初は私一人かと思ったようですが、複数いるとわかって怪しんだのでしょう。
こちらは初めに、「日大OBです。怪しい者ではありません。」と名乗ったのですがね…

またしばらくして靖国通りから黒塗りで窓に黒いスモークを張った乗用車が入っていきました。
その車は左手奥の駐車場に入っていきました。

  経済OB  神田(仮) 2018年7月30日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記 三毛猫

「日大ブランドは落ちません」のおじさんは、広報部所属職員の米倉久邦氏です。
記者会見の対応に褒めている人もいる。コーチがしゃべりそうのなるのを制止し、場をコントロールしていた。
マスコミは自社のレポーターを撮影する為、他社と同じ質問を繰り返し時間を延ばしていた。番組を作るのに必死で、質問の答えはどうでも良いように見える。
 マスコミは対応に負けたので、悪口を吹聴して世論作りをしている。

「日大ブランドは落ちません」おじさんに味方している書き方になってしまった。

↑このページのトップヘ