半世紀まえ日大生だった、おじさん達のつぶやき

50年前の全共闘運動の事を知っている方の意見募集をしていましたが、日大の体質改善要求になっている。アメフトの憤りが大きいので、改善要求をプラスしブログを更新します。2018_07~

日大本部への見学散歩ツアー参加を呼び掛けています。

 
野球に限らず運動選手が故障し選手生活を断念する事例が多い。
目立つのはプロ野球選手・相撲取り
普段テレビに出ているので、目が行ってしまう。

野球についてボールの大きさ・重量を調査
軟式ボールM球 直径72mm  重さ138g
硬式ボール   直径72.93mm 重さ141.7g
アメリカ    直径74.84mm 重さ148.8g
ボールの反発力は軟式・硬式共に変わらない。

アメリカでも肩を壊し、トミージョーンズ手術を受けているピッチャーは多数
肩の故障原因は、ボールそのものに原因が有るのでは

体の大きなアメリカ選手さえ故障する。手の大きな大谷選手さえ故障した。
ボールの直径は、さほど影響ないかもしれない。それより重量を減らす事が大事

1)球数を投げるピッチャーにとって、僅かな重量でも負担が蓄積しやすい。
年に登板する回数も仕事としてやらなければならない。
まず、軟式並みにボールの重量を減らす。
それでも故障が減らなければ、直径を軟式並みにする。

2)現状のボールをそのまま使うならルール変更も有り
アメリカンフットボールのように、選手の入れ替えを頻繁に行える
投手については、3回限り。但3回を過ぎたら再登板有り等
全体の人数を増やした後、控えのピッチャーの人数を増やすのも有り(人数義務化)

若い選手が、故障で選手生命を絶たれるのは避けて欲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
使っている道具に人間を合わせるのでは無く、人間に道具を合わせるようにして欲しい。
道具に人が使われている。誰も声を上げないのか。
時代と共に道具も変化して欲しい。

自国が勝つために道具変更するのは論外。→スキージャンプ
スキージャンプは誰もケガをした訳では無い。

2021年2月7日 東京アクアティクスセンター
50m 自由形 2位

病気上がりからの筋力を回復させ、皆に追いついて来た。
リハビリは強い精神力がいる。自分に負けて元に戻せず挫折する人が多い。
強さを見せてもらえて、うれしいです。

批判はしないし、どちらも擁護しない。
議論の多数派に属しない。
ネットでも勝ち馬に乗る発言で溜飲を下げるのはダメ。

理事会での女性の発言の遅さについて語っていた。

日本の女性は社会進出の数が、まだ少ない。
発言機会が少ないので、できる時は余計に発言してしまう。

男性は議論を学生の時代から、やりあっている。
良い提案が有れば、自分は譲歩する。
議論は相手をやっつける事では無い。
自分を否定されるのは誰でも嫌で有る。

より良い方向と解決方法を探る場で有る。
3人寄れば文殊の知恵。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
蓮舫議員、辻本清美議員の発言を見ると、相手を遣り込める事に一生懸命に見える。
それって議論して何かを生み出せる事が有るのか。
自分を棚にあげて、相手に総括しろと言っているようです。昔の学生運動時代を思い出す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔は女性のスポーツ進出は無かった。少しずつ女性もスポーツへ参加し競技大会が開催されるようになった。
水着を見ると全身を覆うファッションで有った。そういえばイスラム圏の女性の水泳選手はいない。陸上競技でも顔を隠して出ている。
全世界で見ると男女平等とは、ほど遠い。

マスクは鼻からの空気を妨げ、思考を鈍らせる。
大学入学共通テストで、鼻出しマスクをした人を失格

障害を持った人かもしれない。それなら会場設定が悪い。
学校に保健室が有るように、別室を設ける必要がある。
自分等が会場を用意出来ないのを、個人の責任として押し付けている。
排除の論理が働いている。差別問題か?

子供や老人が同じように出来ないので、暴力を振るったりするのと一緒。
人を許容する力が日本では、失われている。健常者だけが生きているのでは無い。


私も鼻のつまりが酷く、マスクをすると呼吸がしづらい。
人と会わないようにバイクに乗っている。店に入る時だけマスクをしている。

箱根駅伝では、沿道で応援しないよう要請が有った。
選手はマスクをしていたのか?マスクして走れるものならやって見れば良い。
マスクをしない選手は失格になるのか?・・・?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鼻マスクはルール違反。警告を無視した。悪いのはそいつだ。
人を批判するのは簡単。大勢の意見を見て、勝側につくのは簡単
それでは、物事は発展しない
そういうケースも有るという事を頭の中に入れず、試験を行う側にも問題有り
1年に一回しか無い試験を考えると、あらゆる想定を考える必要が有る。

大学は若者だけの物では無い。勉強は何歳からでも始めるのが良い。
年を取ればとるほど、頭が進化する。
ただ頭の整理ができずに、引き出しが遅れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鼻マスクで不正扱い
一般で不正を考えると、カンニングが考えられる。スマホを隠すや小さなペーパーに書き込みをするなど。
鼻マスクは不正理由は、おかしい。
拡大解釈しすぎ。法的にどうか。
鼻マスクが不正に当たるかどうかを考えると、訴訟を起こされたら勝てない。
医者から鼻詰まりの診断書を出されたらマスクを必ずしもしなくても、やむを得ないと推測される。一年間の勉強成果を試される試験で、期間に対する補償を求められる。
今後の動きを見守りたい。

毎年 国道1号線で応援していたが、日大生が走る姿が見えない。
今年は予選敗退でチームとして出場できず。

アメフト等の暴力体質が表ざたになり、応募する人が少ないのでは。
東洋大学・駒大などでも箱根を狙えるなら、そちらを選択する。

日大はアフリカ留学生に頼り始めた時点で力が衰え始めた。
頑張っても、出場機会を外国人留学生に取られてしまう。
やる気が失せる。
東洋大学は入学後に実績を伸ばした。練習で積み上げてきた。素質の有る人は日大より東洋を選ぶ。
社会人になってからが勝負と思うが、学生時代に実績を積み上げないと、それも難しくなる。

大学のトップが暴力体質を含んでいるので変われない。
学生を暴力で弾圧した気持ちを何処かに残っているはず。我々が全共闘運動を忘れられないと同じように、困ったら暴力と政治力で押さえれば良いと思っているだろう。
部下は上を見て見習う。

他所から良い指導者を連れてくるよりも、トップは自分の始末を先につけたほうが良い。



↑このページのトップヘ